default_top_notch
default_setNet1_2

「国楽界の真の歌い手」名唱キム・チャギョン、南原のサンゴル村で大統領賞を受賞

기사승인 2019.10.21  17:03:44

공유
default_news_ad1

- 若い歳で、国立国楽院を一人で訪ねた大胆な少女

キム・チャギョン名唱

音の研究をするため若い歳で、国立国楽院を一人で訪れたという大胆な少女がいる。この少女は、最終的にソウル芸術大学に奨学生として入学した。

そしてついに故郷である南原の「春香国楽大会パンソリ部門」で大統領賞を獲得した。その後、国立唱劇団に入団し、30年以上歌手として活動し国楽界の巨匠として生まれ変わりつつある。

キム・チャンギョン名唱は大統領賞受賞の感想を次のように述べている。

「大統領賞を受けた後、春香伝音祭りで興夫伝などを完唱しました。国立唱劇団で行われた薔花紅蓮傳で紅蓮役をもしながらたくさんの変化がありました。今年の8月末頃、唱劇団で話題になった「玉女」で私は綺羅星の役を引き受けたのですが、この年齢でも今まで喉を大事に扱っていたからこそ、このような大切な役割を引き受けることができました。とても光栄に思っています。」

成長する原動力とエネルギーは、音とキム・チャギョンの離すことができないその魔力によって出ている。韓国伝統の春香伝を大々的にやってみたいと言うキム・チャギョン名唱の抱負に皆さん期待してみましょう。


●キム・チャギョン名唱

全羅北道南原生まれ。ソウル芸術大学を卒業。南原春香祭パンソリコンテスト大賞

無形文化財5号カン・ドグン、ソン・ウヒャン、キム・ソヒ 師事

深夜完唱パンソリ「興甫歌」、南原春香祭パンソリ名唱大会大統領賞を受賞

国立唱劇団運営委員、全州大独学保存会理事、パンソリ興甫歌 完唱。

ソウル芸大韓国音学科兼任教授。

(現)国立唱劇団唱学部長在任。全州大独学保存会理事。南原パンソリ カン・ドグン名唱保存会理事。他多数の公演

아시아씨이뉴스 asianews2015@naver.com

<저작권자 © 아시아씨이뉴스 무단전재 및 재배포금지>
default_news_ad4
default_side_ad1

인기기사

set_C1
default_side_ad2

포토

1 2 3
set_P1
default_side_ad3

섹션별 인기기사 및 최근기사

set_hot_S1N18
set_hot_S1N19
default_setNet2
default_bottom
#top
default_bottom_notch