default_top_notch
default_setNet1_2

ソ・ウスク個展「生に対する美しい礼賛」

기사승인 2019.10.08  14:52:42

공유
default_news_ad1

ソ・ウスク画家の個展がソウル SCALATIUM ギャラリーで開かれる。

ソ・ウスク画家は、アメリカ サンフランシスコで美術留学を経験し、檀国大学の講師を経て韓国の美術発展に大いに貢献している洋画家である。

生に対する美しい礼賛」をテーマにした今回の個展では「ミスポストモダン」など最近の作品30余点を披露する。今回の個展は、SCALATIUM ARTSPACE 152回 企画招待展で10月1日から12月2日まで開催される。

今回の展示を控えソ・ウスク画家は個展30回、海外の団体展100余回を開催し、スイス、アメリカ、日本、中国、カナダ、シンガポール、ベトナムなどで活発的に作品活動をしている

SCALATIUM ARTSPACE

ソウル市 江南区 論峴路 79道 72(オリンピアセンタービル)
Tel : 02-508-7204
blog.naver.com/artscalatium / www.scalatium.com

ソ・ウスク洋画家(seoartist@hotmail.com / www.seowoosook.com)
現)社団法人韓国美術協会/社団法人韓国女流画家会/江南美術家協会理事
檀国大学スケッチパステル教授歴任 2006〜2008
アメリカ カリフォルニア州マリンカウンティ病院アート心理療法芸術家 1988〜1990
ソウル市江南区文化センター美術講師歴任 2006〜2014
個展 : ソウル、大邱、アメリカ、日本、スイス、シンガポール、香港 30回
団体展 : 100回以上

受賞
2019 誇らしい韓国人大賞・ハングル広報大使賞
2019 アート功労賞 - 国会農林畜産食品水産委員会委員長賞 第33
2016 国会文化体育観光委員長賞 – 表彰状 第2016-573
2016 国会副議長賞 – 美術功労賞 第2016-27 他多数

新作miss postmodernの話
この作品の発想は、Me Too事件から生まれました。
多くの感情の片鱗が顔をかすめていくが、その中には痛々しいあざの跡もあり、それを埋めておくだけだった日々があった。
夢と希望の熱意を表現した赤い髪は抑圧された現実に対する怒りでもある。
韓国の女性たちが、声を上げて主張張できるようにならないといけないし、自分が望むことを絵の中の彼女の金色の髪の装飾のように自由で、正しいと考えることをためらわずに行ってください。- 胸に湧き上がる、より良い世界を描きながら完成させた作品です。

아시아씨이뉴스 asianews2015@naver.com

<저작권자 © 아시아씨이뉴스 무단전재 및 재배포금지>
default_news_ad4
default_side_ad1

인기기사

set_C1
default_side_ad2

포토

1 2 3
set_P1
default_side_ad3

섹션별 인기기사 및 최근기사

set_hot_S1N19
default_setNet2
default_bottom
#top
default_bottom_notch