default_top_notch
default_setNet1_2

先祖を思いながら波をかきわけ海を航海する。

기사승인 2019.09.25  18:06:40

공유
default_news_ad1

今日の日本を超える道は親日、和日、仁日である。30年以上、日本を探求・探検してきた私の論旨だ。

日本を向き合うには度量が大きい韓国人にならなければならない。近頃の韓国が日本に対する警告妄動は失望が大きい。言葉を重くし互いに尊厳性を持たなければいけない、つまり互いに認める謙虚さが必要である。

日本が健康であったら、韓国が健康で隣人とのコミュニケーションと会話が未来を開いていく。
日本は敵国ではなく、善隣国であり、兄弟・友人である。長い歴史が教えてくれる。

国名を見てみよう。
朝鮮、日本は同じ成り立ちで、朝の国である。

日本の地名辞典を読んでみなさい。

その中心に王仁がいます。王は誰か?

飛鳥文化の祖であり、師匠である。歴史を知り文化を知るべきである。

近頃日本との摩擦により葛藤と紛争は、無知で恥ずかしい策略である。

私は1996年から2001年に三度、日本を探検したアジアで唯一の古代海洋探検家として、日本でも、中国、ヨーロッパ、アメリカのどこにもいない。これが日本のマスコミとの放送で私の航海と探検に注目する理由である。

日本は飛行機で1時間で行くことができる近い国だが、この道を拒んで命を投げ十日をかけて5〜7mを超える嵐の海をかき分けていった。
日本は、いわゆるこの海を指し玄海とした。

私も妻子がいる身で、韓国では名門大学 漢陽工科大学を出た科学徒であり、それなりにエリートと呼ばれる。

私は霊岩のグローバル化に大きく寄与したと考えている。このような事実に霊岩は閂ををかけている。韓国人に霊岩を日本はもちろん、世界に広く知らせた。

どうしてこんなことをしているのか失望している。
これは私個人の誇りではない。
霊岩の現住所であり、大韓民国の現実である。

読売新聞は、日本を代表する極右言論ある。この新聞は私が到着した九州佐賀県の鳥栖で大阪の王仁の墓まで密着取材するほど地面を割いて報道した。
当時韓国人としてこのように地面を割いて報道した人物はいなかったという。

私も人であるから航海をしながら、時には恐くなる時も多い。しかし、私たちの先祖たちも、このような波をかきわけ、海を渡ったと考えながら乗り越えてきた。今後も冒険と挑戦を続けていくだろう。挫折する若者たちに何かメッセージを与えたい。

아시아씨이뉴스 asianews2015@naver.com

<저작권자 © 아시아씨이뉴스 무단전재 및 재배포금지>
default_news_ad4
default_side_ad1

인기기사

set_C1
default_side_ad2

포토

1 2 3
set_P1
default_side_ad3

섹션별 인기기사 및 최근기사

set_hot_S1N19
default_setNet2
default_bottom
#top
default_bottom_notch