default_top_notch
default_setNet1_2

☆伝説の剣客 - 宮本武蔵 60戦〜全勝

기사승인 2019.09.11  16:00:27

공유
default_news_ad1

- ▶数々の血を流し得道をした剣客◀

ㆍ生まれ:1583年前後〜1645年

ㆍ安土桃山時代、剣客の家に養子として今の岡山で生まれ、江戸時代に死亡した。

ㆍ実子なし(養子あり)

ㆍ墓所:熊本

武蔵は幼い頃から荒い性格の父に虐待を受けながら剣法を学んだが、10歳になったある日、父の殺気を感じ、最終的には家を出て親戚の家をあちこち回り生活していた。そして13歳の時に村の大人と初めて決闘をし相手を殺し、その村から去り、その時から放浪の生活を始めた。父から受けた痛みの傷のせいか、後で外方の姓を使用して、宮本武蔵と称した。

彼が有名になったのは、家を出た13歳から29歳までの60戦にもおよぶ全国有名剣士との真剣勝負で一度も負けなかったという伝説があるからだ。もう一つは、両手をたばさむ剣を使用する二天一流剣法の創始者であった。彼の必勝へのこだわりは、時には手段と方法を選ばなかったとも伝えられる。

1603〜1867年までは江戸時代であり、平和を作っていく封建時代であった。成人になった時点から、一生涯を徳川家康が政権を握り混乱期をまとめていく時代に生きた人物だ。

ㆍ 武蔵の一番有名な斬りは29歳の時に起こった「巌流島」決闘だった。九州小倉の佐々木小次郎は当代日本一の剣客であった。

ㆍ1612年ㆍ

佐々木小次郎 の決闘!!!

武蔵は特有の戦法の一つとして決闘場所に遅れて登場し、まず相手をイライラさせた。そして到着するとすぐ海辺で武蔵は、太陽を背にし相手を悪条件にする戦略や殺し屋としての知恵で評価される。家庭環境と、これまでの人生があまりにも似た当代の殺し屋佐々木小次郎を彼の若さと真の実力で、瞬く間に倒した。

しかしながら勝った武蔵は、まるで敗者のように逃げるように、島を去った。佐々木小次郎を殺した後、追いかける立場から追われる立場に転換され、いつ若武者からの挑戦に直面して死に至るかも知れない時代だったので、恐怖と孤独そして無念が押し寄せてきたと歴史は記録している。つまり一番に上がった瞬間、人生観が変わったのだ。

最高の席に上がった武蔵が気づいたことは、「剣は心の飢えを満たすことはできない」というものだった。その後武蔵は、10年の間行方不明となり、全国の寺を回りながら修養をする時間も持つ。最終的には故郷に帰り、今まで自分が殺した者の供養まですることになる。

そんなある日、別の剣客としての人生を考えさせられるきっかけは、名古屋城主からの兵法指導者と呼ばれる士官の席にあがるための試験を受けることになる。武蔵は当然勝ったが、そこで最高峰の

殺し屋として評価ではなく、殺し屋としての人格の道の不足を指摘されながら、最終的に大きな悟りを得る。

1634年50歳になった武蔵は、 佐々木小次郎が所属していた九州小倉藩で生活することになり、3年後の1634年キリスト教徒たちの暴動が起き鎮圧させるために出動した武蔵は、想像もできなかった光景を目撃することになる。相手に勝つために戦うこともなく、死を恐れずに、神のために笑って死んでいく、彼らをᆢ

完全に人生観が変わった武蔵は、晩年には、熊本藩の「五輪書」、「獨行道」などの本を出したが「五輪書」は、海外でも出版されたりした。体力が落ちた晩年には、自分を振り返り感じたことの訓戒書である「獨行道」を著した。

彼は剣術だけでなく、藩士たちと一緒に連歌、絵画、茶道などを楽しんだと伝えられる。特に水墨画と工芸品は、国の重要文化財に指定されている。

武蔵は「五輪書」で宇宙を成立する要素5つを「地」「水」「火」「風」「空」に分けて、特に最後の「空」で、「世の中には、目に見える世界と見えない心の世界がある」ということを記載している。

1645年華やかだった日本一の殺し屋、武蔵は寺で永眠した。享年62歳だった。

✔結論として宮本武蔵が和の民族、日本人の心の中に長い間い続け尊敬される理由が60戦全勝の結果だけではなかった。中年以降、特に晩年に気づいたことは、刀だけでは満たすことができない人生!

それ道の境地に昇華させる文学を残し、大剣客にしては珍しい文武を兼ね備えただろう。

아시아씨이뉴스 asianews2015@naver.com

<저작권자 © 아시아씨이뉴스 무단전재 및 재배포금지>
default_news_ad4
default_side_ad1

인기기사

set_C1
default_side_ad2

포토

1 2 3
set_P1
default_side_ad3

섹션별 인기기사 및 최근기사

set_hot_S1N19
default_setNet2
default_bottom
#top
default_bottom_notch