default_top_notch
default_setNet1_2

在日孝情韓国婦人会 、東京故郷の家で親孝行公演を開く

기사승인 2019.07.02  15:26:47

공유
default_news_ad1
李明淑(イ・ミョンスク)し氏カヤグム演奏

先日14日、 在日孝情韓国婦人会"空愛合唱団"が故郷の家(在日韓国老人の家)を訪れ親孝行公演を行った。


この日の行事は日本で住んでいる韓国夫人達が在日韓国人の老人を楽しませるため入念に準備した料理や歌、演奏とダンスで親孝行公演を開き在日韓国老人達をを喜ばせた。


在日韓国老人と日本人など100人余りが出席した中で行われた親孝行公演は民俗踊り団長の李明淑(イ・ミョンスク)、合唱(ふるさとの春、蔚山アリラン、夢の国に、アリラン木洞)、カヤグムの演奏 李明淑(イ・ミョンスク)、ハワイフラダンス金福順(キム・ボクスン)など歌と踊りの順で進められ老人方々に静かな感動と笑いを届けた。

ふるさとの春を合唱している

空愛合唱団、団長鄭高云(ジョン・ゴウン)が蔚山アリランと"アリラン木洞"を

合唱する際は盛大な拍手受けたり,韓国童謡"古郷の春"と日本童謡"古里"を歌っている際、老人は目に涙を浮かべた。

在日孝情韓国婦人会呂佳玉(ヨ・ガオク)会長は "日本に嫁に来て暮らしながら韓国にはあまり行けていない。故郷の両親に尽くす思いでこの公演を準備し、今日公演を開催する事になった。年配の方々に楽しくそして幸せ時間をご過ごし頂ければ嬉しい"と述べた。


公演を観覧したお年寄り達は,"韓服(韓国の伝統衣装)と日本の衣装を綺麗に着飾って笑顔で舞台に上がった姿がとても美しくて良かった。 娘たちを見てるようだった。 日韓の関係があまり良くないこの時に韓国の歌と日本の歌を一緒に歌ってくれてもっと感動した"と称賛した。

"空愛合唱団"と関係者らが公演を終え記念撮影をしている。

一方、 在日孝情韓国婦人会は日本人と結婚して日本で家庭を築いて暮らす韓国婦人達の集う会であり、日本全国に3000人余りの会員がいる。 子供や家族を合わせると、13000人が超える。

日韓の間で歴史的に不便な関係の中、韓国語教室、韓国料理教室、韓国歌謡教室、サムルノリ(韓国民俗音楽) 韓国伝統教室,韓国語翻訳通訳、祭りのたびに韓服を着て街頭行進をするなど韓国文化の普及と日韓交流の主役として暮らしている。

아시아씨이뉴스 asianews2015@naver.com

<저작권자 © 아시아씨이뉴스 무단전재 및 재배포금지>
default_news_ad4
default_side_ad1

인기기사

set_C1
default_side_ad2

포토

1 2 3
set_P1
default_side_ad3

섹션별 인기기사 및 최근기사

set_hot_S1N19
default_setNet2
default_bottom
#top
default_bottom_notch