default_top_notch
default_setNet1_2

東京で秀林文化財団10周年、韓国文化院40周年を共同記念する韓国芸術公演を開催

기사승인 2019.07.02  14:21:46

공유
default_news_ad1
チェロ キム・ソル·ダニエル, カヤグム ユン·ダヨン, 閑良踊り キム·イルジ, パンソリ ジョ・ジュソン、キム・デイ

先日18日、東京の韓国文化院で'秀林文化財団創立10周年'と"韓国文化院の開院40周年"を記念して日・韓両国で文化芸術教育事業に大きく貢献した秀林文化財団の設立者の 金熙秀 (キム・ヒス)先生を追悼する韓国芸術公演が行われた。


この日"楽·歌·舞"というテーマで開かれた公演は伝統的な韓国の踊りとパンソリ(韓国伝統民俗芸)を韓国伝統芸術の過去と現在で表現し演奏(音楽),歌,(踊り)舞の形で披露した。

 
在日韓国人と東京市民、他300人余りが見守る中幕を開けた舞台には東洋の楽器である韓国のカヤグムと西洋楽器チェロのアンサンブルで始まり、楽器のへグムの演奏、 閑良踊り、パンソリの順で行われた。 最後には出演者全員が出て"珍島アリラン"を歌いながらフィナーレを飾った。

ジョ・ジュソン、キム・イルジ、キム・デイ氏が珍島アリランを歌っている

チェロとカヤグムは,キム・ソル·ダニエルとユン·ダヨン氏が出演して夢幻(Dream like Fantasy),海の音(Sound of the Ocean),砂漠の夜(F.A.E),非常(Fly high)を演奏し,韓良舞(ハン·リャンム)は金一志(キム·イルジ)氏が韓国人と興を美しく踊りで表現した。 

また,パンソリは歌い手の趙柱仙(ジョ・ジュソン)氏と金大伊(キム・デイ)氏が舞台に上がり、興報歌の中でもピョジュバクタリョンを楽しく熱唱し感動を捧げた。

一方、秀林文化財団は金熙秀(キム・ヒス)先生が2009年に設立した。 日本で事業活動をした 金熙秀(キム・ヒス)先生は透徹した愛国心と同胞愛をもとに50年間、様々な分野で祖国愛の精神で活動した。 特に民族教育に関心を持って金井学園を設立し、韓国では20年間中央大学の理事長を歴任したりもした。

その後,秀林文化財団を設立し文化芸術分野の後学育成に尽くした。 秀林文化財団は設立者の意向を受け"スリムニューウェイブ"、"スリム文化芸術サポートズ"、"スリム人文アカデミー"、"韓日文化交流"などの事業を進めており、"スリムニューウェイブ賞","スリム文学賞","スリム美術賞"などの授賞事業を通して文化芸術分野の人材発掘および養成にも力を入れている。

아시아씨이뉴스 asianews2015@naver.com

<저작권자 © 아시아씨이뉴스 무단전재 및 재배포금지>
default_news_ad4
default_side_ad1

인기기사

set_C1
default_side_ad2

포토

1 2 3
set_P1
default_side_ad3

섹션별 인기기사 및 최근기사

set_hot_S1N19
default_setNet2
default_bottom
#top
default_bottom_notch