default_top_notch
default_setNet1_2

東京で開かれた国楽大イベント…文化財履修者17名出演

기사승인 2018.11.30  17:16:53

공유
default_news_ad1

 

 

先月915日、東京のなかのZERO大ホールで、「国楽の風が吹く」というテーマで韓国文化財履修者17名が出演し、国楽大公演が繰り広げられた。

 

マジンガミュージック(代表:金大伊)が企画し、制作、演出を行ったこの日の国楽公演は、舞台の上で月と星が輝く3Dホログラム立体映像が使用された。夜空の流星は暗闇に線を引き、鳥が飛び交う滝の下で国楽人は歌い、善女のように踊った。

 

伝統と現代が調和されたこの日の舞台は、心方曲、四節歌、太平舞、南道民謡、創作舞踊、アリラン連曲、神劍大神舞、パンソリ、農楽なふぉの順で進行された。

 

創作舞踊であるキョンゴ舞は、日本で初となる再現ろなり、国内外でもまれにしか見ることのできない 神劍大神舞も披露された。アリラン連曲は、全国のアリランを連続で歌った。

 

公演の最後には、全員が一つになって披露する農楽の舞台でフィナーレを飾った。太平簫曲調にあわせて四物を鳴らしながらサンモノリをし、それに続いて太鼓をたたきながら女性たちが登場し、興を共にした。

 

この日の国楽公演は、韓国の舞の面白味を芸術的な美しさで品よく表現し、韓国の国楽の醍醐味を日本人に紹介する、まるで国楽旅行のような舞台となった。

 

아시아씨이뉴스 asianews2015@naver.com

<저작권자 © 아시아씨이뉴스 무단전재 및 재배포금지>
default_news_ad3
default_setImage2

최신기사

default_news_ad4
default_side_ad1

인기기사

set_C1
default_side_ad2

포토

1 2 3
set_P1
default_side_ad3

섹션별 인기기사 및 최근기사

default_setNet2
default_bottom
#top
default_bottom_notch