default_top_notch
default_setNet1_2

東アジアローカライゼーション国際フォーラム木浦会議開催

기사승인 2018.10.30  10:00:49

공유
default_news_ad1

東アジアローカライゼーション国際フォーラム木浦会議開催

日中韓の学者たちが集まり「地域特殊性を基にした未来発展の方向」模索

910日木浦新安ビーチホテル

21世紀西南圏未来研究会が主管し、東アジア情景アカデミーとスリム文化財団、共生福祉財団が共同主催した「東アジアローカライゼーション国際フォーラム木浦会議」が木浦市の後援で9月10日に木浦新安ビーチホテルで行われた。「地域特殊性を基にした未来発展の方向」という主題で開かれたこの日のフォーラムは、第1部開会式と第2部特別講演、第3部の東アジアローカライゼーション国際フォーラム木浦会議の順で進行された。

 

この日、行事にはキム・ジョンシク木浦市長、カチョン学院のキム・シンボク理事長、前駐日大使のラ・ジョンイル氏、前中英大使チュ・ギュホ氏、上海国際問題研究院自問委員会副主任ウ・ジナン氏、わたべしげる前大東文化大学総長、おおしろたもつ前沖縄大学総長を始めとする韓国、中国、日本から200名余りの関係者が参席し、今回の行事に秀林文化財団が財政支援をおこなった。

 

オ・ビョンイン共生福祉財団常任代表の司会で進行された1部の開会式では、ながのしんいちろう等のアジア情景アカデミー代表の開会辞、キム・ジョンシク木浦市長の歓迎辞、チョン・ユンチョル前副総理による激励辞、そしてユン・ビョンテ全羅南道政務副知事、キム・シンボクカチョン学院理事長、イ・ハンチョ木浦上向会議所会長、シン・ギョンホ秀林文化財団常任理事の祝辞が続いた。

 

シン・スンホ木浦大学名誉教授の司会で行われた第2部の特別講義では、ラ・ジョンシルの「木浦の21世紀」、チュ・ギュホの「西南海岸開発の道」、キム・ジョンシク(前東亜日報論説委員)の「木浦を東北アジア観光医療‘水上河口’のメカに」、キム・ジョンニョン(前ソウル大学経営大学学長)の「全羅南道沿岸エクスカーションベルトの環境に良い経済力強化のための提言」などの特別講義があった。

 

東アジアローカライゼーション国際フォーラム木浦会議では、たかやすゆういち(大東文化大学経済学部教授)の「日本の地方総生」、ウ・ジナンの「沖縄振興開発の成果と課題」、パク・ソンヒョン(全羅南道議会事務庁制作担当官室博士)の「木浦都市再生の現在と未来」という各主題での発表し討論が行われた。

 

今回の行事は上海と東京、沖縄、そしてソウル、木浦から代表的な学者たちが集まり、100年余りも前に東北アジア地域の中心で中国と日本の仲介の役割をしていた木浦市の難関を克服するために産業、経済、観光、都市再生等の全般的な分野での策を模索する機会となった。

아시아씨이뉴스 asianews2015@naver.com

<저작권자 © 아시아씨이뉴스 무단전재 및 재배포금지>
default_news_ad4
default_side_ad1

인기기사

set_C1
default_side_ad2

포토

1 2 3
set_P1
default_side_ad3

섹션별 인기기사 및 최근기사

default_setNet2
default_bottom
#top
default_bottom_notch