default_top_notch
default_setNet1_2

第38回国際産学研保健ウエルネス医療観光定期国会政策フォーラムが成功裏に終了

기사승인 2018.05.19  01:12:48

공유
default_news_ad1

11日、国会で「統一韓半島時代の経済活性化のための産学研革新先導産業ロードマップ」というテーマで第38回国際産学研保健ウエルネス医療観光定期国会政策フォーラムが開かれた。

今回の行事は、イ・ミョンス国会議員が主催し、産業通商資源部の社団法人韓国産学研知識人総連合会(NAU_AURI)と中小ベンチャー企業部傘下の公共機関である韓国産学研協会(AURI)、崇実大学中小企業大学院、乙支大学保健医療大学院などが主管して㈱ムヨン、ソウル観光高等学校等が協力した行事だ。

イ・ミョンス議員の開会の辞を兼ねた祝辞と、大統領直属の諮問憲法機関である民主平和統一諮問会議の主席副議長の金徳龍前議員の祝辞を通して、統一韓半島時代の産学研韓国産学研知識人総連合会(NAU_AURI)と韓国産学研協会(AURI)が中心となり、大きな役割を果たしていくことを要請し、全国の産学研統合専門家の現場の成果を反映した政策の用意と、海外事業のための苦情や改善案を導く綿密な議論と学門的に繋げるための試みとなった。

その他にも正義党前代表シム・サンジョン国会議員、国会保健福祉委員会の前委員長ヤン・スンジョ国会議員、オ・ジェセ国会議員、国会産業通商資源中小ベンチャー企業委員会の前委員長ジャン・ビョンワン国会議員、ミン・ビョンドゥ国会議員、国会国防委員会の前委員長キム・ハクヨン国会議員などが祝辞を述べた。

次に、韓国産学研知識人総連合会(NAU_AURI)理事長団のソ・ドンソク西海大学総長、韓国産学研協会の名誉会長キム・ヒョンギ教授の開会の辞と、崇実大学中小企業大学院キム・ムンギョム院長、国際抗老化ウエルネス観光学会(GAWT)会長キム・インシク教授の歓迎の辞があり、ソウルから済州まで全国の大学総長と理事長団を中心に分野を越えて様々な業種と形態の企業が融合し、共存しながら韓半島の経済活性化のための第2の韓流を導いて行くことを誓った。

続いて、在韓中国大使の祝辞をはじめ、在韓モンゴル大使の祝辞と共に領事の現場の祝辞を通して、世界レベルの大韓民国産学研の技術伝播によって国際的産学研のコミュニケーションの強化を要請し、韓国産学研知識人総連合会(NAU_AURI)と韓国産学研協会(AURI)のほか関係機関を中心に、韓国とモンゴルが、より密接に保健ウエルネス、抗老化シニアヘルスケア、医療観光、IT、ICT、IOT、化粧品、グルメを中心に協力し、国家発展のために協力していくことを期待すると述べた。

これに先立ち、韓国産学研知識人総連合会(NAU_AURI)の会長ジョン・ミエ乙支大学保健医療大学院教授は、「今後、在韓モンゴル多文化家庭を中心にモンゴル政府の要求に応じ、大韓民国産学研の蓄積ノウハウがモンゴル総合発展プロジェクトに寄与するだろう」と約束した。

今回の行事と共に乙支大学BK21+事業支援で、保健医療大学院の高級人材育成事業団、国際高齢化ヘルスケア事業団団長キム・インシク主任教授(国際抗老化ウエルネス観光学会(GAWT)会長)を中心に(著者:ジョ・ギョンミ、イム・ヒョギョン、ソル・ジェウン、チェ・ユジン、イ・ジスク、ジョン・ミエ、ホン・ミンファ、キム・ユリ、キム・インシク教授)(TARC)/ CCL17とIgE、高齢者喘息の相関性「Thymus and activation-regulated chemokine(TARC)/ CCL17 and IgE are associated with elderly asthmatics」論文がImmunity and Aging海外SCIジャーナルに掲載される快挙を成し遂げた。

行事は韓国産学研知識人総連合会(NAU_AURI)会長ジョン・ミエ国会TF企画推進委員長の司会で進行され、基調発題はICT時代の将来の雇用の変化(保健福祉中心で)についてリュ・ホヨン亞洲大学教授(前保健福祉部韓国保健福祉人材開発院長)の発表に続いて、第4次産業と未来企業のための第7次産業の拡大の産学研協力案向上テーマでヤン・ジョンモ韓国産学研知識人総連合会(NAU_AURI)技術理事の発表が行われた。続いて国家の均衡発展のための地域経済活性化の産学研共同技術研究開発の成果報告があり、㈱アテラのチェ・ウォンソク代表と梁山ファーブルパン農業法人のジョン・ジェギュン代表が事例発表を行い、優秀事例者対象の海外事業団委嘱の栄誉を手にした。

続いて韓国産学研協会(AURI)全北協会長のソル・ナムオ教授の進行で、大韓民国4次産業革命の産学研共同研究を企業の革新性向上をテーマに、国会TF委員団中小企業部門委員長及び前中小企業オンブズマン(次官級)を務めた崇実大学中小企業大学院長キム・ムンギョム教授が座長を務め、進行した。

少子高齢化時代の7次産業革命の韓国型医療ウエルネス抗老化シニアヘルスケアの未来戦略のテーマには、国会TF委員団の医療部門委員長キム・インシク乙支大学保健医療大学院シニアヘルスケア学科主任教授が座長を務め、進められた。

その次のテーマの発表では、第7次、未来の人材革命韓国生涯教育と産学研融合の新雇用創出について、国会TF運営委員長ソ・ドンソク西海大学総長が座長を務め、国会TF企画推進委員長と保健ウエルネス医療観光委員長ジョン・ミエ韓国産学研知識人総連合会(NAU_AURI)会長が発表し、クォン・ヨンハク(ソウル観光高等学校校長)、国内外の大学総長団と理事長団の他、関係者の参加で議論を進めた。

また、統一韓半島新韓流グローバル産学研企業活性化戦略のテーマ発表を通じて、海外の保健ウエルネス、医療観光、MICE専門事業団と国際国内航空旅行会社の代表者の発表と㈱ムヨン海外建築事業団、グァク・ヒョンギ(カザフスタン事業団支社長)とカザフスタン国営グループ会長団の映像オンライン成果報告など、国際ビデオ討論がリアルタイムで行われた。

この行事のハイライトである産学研統合専門家と企業人の懇談会には、韓国産学研協会名誉会長キム・ヒョンギ水原大学教授、国際抗老化ウエルネス観光学会(GAWT)会長キム・インシク乙支大学教授、韓国産学研知識人総連合会(NAU_AURI)会長ジョン・ミエ乙支大学教授、韓国産学研知識人総連合会(NAU_AURI)技術理事ヤン・ジョンモ産学研専門教授(産学研海外事業団諮問委員)、韓国産学研知識人総連合会(NAU_AURI)研究理事のムン・ジェチュン産学研の専門教授(崇実大学中小企業大学院国際産学協力事業団理事)、韓国産学研知識人総連合会(NAU_AURI)常任顧問リュ・ホウン亞洲大学教授などがパネルで企業人とQ&Aがあり、現場の説明会と相談を進め、大きな反響を得た。

最後にジョン・ミエ韓国産学研知識人総連合会(NAU_AURI)会長の閉会の辞によって第38回国際産学研&保健ウエルネス医療観光国会定期政策フォーラムを終えた。

 

아시아씨이뉴스 asianews2015@naver.com

<저작권자 © 아시아씨이뉴스 무단전재 및 재배포금지>
default_news_ad4
default_side_ad1

인기기사

set_C1
default_side_ad2

포토

1 2 3
set_P1
default_side_ad3

섹션별 인기기사 및 최근기사

default_setNet2
default_bottom
#top
default_bottom_notch