default_top_notch
default_setNet1_2

ヒューマニスト、パワーメイク、企業人チョン・ヘジョン博士との対談

기사승인 2018.02.06  13:48:00

공유
default_news_ad1

1980年代初め、アメリカボストンで設立された専門産業体マサチューセッツMKインターナショナル会社(Massachusetts-M.K International Inc.)は事業領域をアメリカおよび5大陸まで広げ、あふりか大陸内ではアジア人の先駆者的事業体だ。

この会社は初期にはエンジニアリングと国際金融産業(Engineering&International)会社として始まり、貿易を通して貿易精神と現地文化とを融合、相手を尊敬する精神を具現化した会社(現在国際的基準で中間規模)だ。この会社の設立者である会長、チョン・ヘジョン博士はビジネスをすることで互いに文化的壁を排除し、開発途上国の経済に成長と機会を付与するという確固たる信念をもっている。

 

MK International会社設立の原動力はなんですか?ビジネス初期に始めたことは?

幼いころ、私の夢は世界で一番尊敬されるビジネスマンになることでした。私の知識と能力を適切に使用しほかの国家の発展に貢献したかったんです。特に私は農業と教育部門の発展に寄与することへ興味を持ちました。しかしその当時は、それを認識はできなかったんです。

私たちの事業の動力は初期には成功するビジネスモデルの維持、後には低開発国家の産業化に転換されました。私の目標は拒否されるのではなく、影響力のある会社になることです。

 

博士は自分自身をどんな人間だと思いますか?人によって産業資本家、企業家などと呼ばれますが。

私はひとつめに、いつも責任感の強い人間、ふたつめに事業化だと認識しています。1980年代初めにアフリカ大陸に常住事務室とネットワークを形成し、私は唯一のアジア人企業家でした。私がどのように貿易を始めたのかそのきっかけについてお話いたします。

私がアメリカ、カリフォルニア州、サンフランシスコで留学していた当時、同じ学科にナイジェリア人の友達(卒業後にナイジェリアで高位公職者になった)がアフリカ地域の政策決定者・有力者を紹介してくれ、彼らの固有の文化や慣習について紹介してくれたことが契機となりました。私がアフリカに訪問して、私たちの文化の軸:お客様を迎え入れ、分かち合いを経験したことで実際に私がアフリカで貿易と産業を推進する動機になりました。

その後27か国を旅行しながらアフリカがくれる機会と開放性を経験しました。すなわち、訪問地域で市場を拡張し、韓国政府から認定を受けた企業になり、UN、世界銀行、国際機構などから私たちの事業の後援をうけました。私たちの事業はインディア大陸とThe GCC、中東アジア地域まで現地事務所を開設し、その過程で私たちの目標は新しい人たちとの出会いとビジョンを拡張したのです。

 

チョン・ヘジョン博士は戦略的に開発途上国の市場に魅力を感じているのですか?

もちろんです。未来の成長と拡張潜在力がある半面でビジネスの段階別にアプローチする複雑さもあります。市場内に会社ブランドの設定、官僚体制の探索、地域固有の慣習と選好度を把握することが大切で、また市場に私たちの会社とブランドを知らせることも大切です。

 

経済界では1970年代以降、多くの変化が起こりました。その変化が会長に示唆する意味とは?

信じられない変化であるグローバリゼーションは肯定的な影響を与え、情報技術と知識の民主化は大きな進展がありました。市場接近、ターゲット顧客の設定、マーケティング、調査・企画などすべての段階が簡単に、早く、精巧に行われました。その理由は私たちが収益を得る個人と市場に役に立てるからです。世界はこの何十年間の間飛躍的な発展を遂げました。インターネットが登場しました。顧客の文化とそのニュアンスを理解できなかったら、事業成功させるのは難しいです。

 

チョン・ヘジョン博士は実際に現場体験を通して学んだことがあるとすれば?

私たちの人生とビジネス、人間関係の中で忍耐し責任を負うことを学ぶようと相手を尊敬する心です。また、共に共有すること、他人を価値の物差しの基準として設定せずに共に生き共に理解しあい、討論し、仕事する共同体だという意識を形成することです。私たちはできることに焦点を当て、共に仕事することに集中することが私の信念です。私が伝えたいことは他人を忍耐力をもって尊敬し、枯れたの人生の方式を尊重することです。そうすれば、あなたはいつもほかの人よりも前に立っていることでしょう。

 

クォン・スッキョン記者

아시아씨이뉴스 asianews2015@naver.com

<저작권자 © 아시아씨이뉴스 무단전재 및 재배포금지>
default_news_ad3
default_setImage2

최신기사

default_news_ad4
default_side_ad1

인기기사

set_C1
default_side_ad2

포토

1 2 3
set_P1
default_side_ad3

섹션별 인기기사 및 최근기사

default_setNet2
default_bottom
#top
default_bottom_notch