default_top_notch
default_setNet1_2

世界最高の肉体、フィットネス世界チャンピオン

기사승인 2016.03.31  11:55:04

공유
default_news_ad1

- 『ファン・チョルスン』 韓流文化振興の先頭に立つ

ファン・チョルスン スポーツトレーナー

 TVN 『コメディービッグリーグ』で銅鑼を打つ『銅鑼男』として出演して4年目となり、今では顔が広く知られモデル、俳優、スターとなった『ファン・チョルスン』は、健康な体の象徴であるフィットネスの名実共に世界チャンピオンだ。健康な肉体を作り上げる事が国内は勿論世界的な現象かつトレンドである事を勘案すれば、『ファン・チョルスン』は世界最高の『バランスの取れた健康な肉体』を持つ人物である。そのような驚くべき人、2012年マッスルマニアフィットネスアメリカ大会世界チャンピオン『ファン・チョルスン』に会った。

 ファン・チョルスン(32)はスポーツと共に生きて来た人物である。高校時代は、ハンドボール国家代表常備軍を務めたほどの運動神経が高い人なのである。彼は、20歳の時ボディビルディング選手へ転向し、7年間活動した後2010年、遂にラスベガスワールドチャンピオンシップボディビルディング大会ライト級世界チャンピオンとなった。2009年からボディービル分野とフィットネスとが区別され始めたが、フィットネス分野へ転向し、2012年マッスルマニアフィットネスアメリカ大会世界チャンピオンになり、8年目の選手活動を行っている。

- ボディビルディングとフィットネスはどのように違うのですか?

▲マッスルマニアの観点では、『美しい体』を作り上げ体のビジュアルをデザインする事が一つですが、敢えて違いを区別して定義するならば、ボディビルディングは体の筋肉を見る身体の外形運動を専門としてそれに最適化された道具を使ってウェイトトレーニングで体を作るものであり、フィットネスは体のバランス、即ち均衡のとれた健康な身体全体を見るものです。言い換えれば、ボディビルディングは部分的な機能性を強調し、フィットネスは調和のとれた均衡美を強調すると言えます。

- なぜフィットネス選手になったのですか?

▲幼い頃から運動が好きで、素質があると勧められてハンドボールを始め高校の時には国家代表常備軍になりましたが、20歳の時に進路決定をする過程で、ハンドボール選手として国家代表になりプロ選手になる道もあったが球技種目としての限界、人気が無いスポーツという社会的認識に対する観点から未来への展望が不透明となり、運動を続けていくという面と両親から授かった優れた身体条件を持っていたので、ボディビルディングをする事になりました。今考えてみると、その時の判断は私個人的には正しい選択だったと思います。

米国では物凄い人気。羨望の眼差しを一身に受け、
中国、日本、シンガポールなどアジア各国からの招待も多い。

- フィットネス世界チャンピオンとなったが、ご本人が感じる満足度はいかがですか?

▲ 私がどこに行っても、公開的な舞台で私の体を見せると、「わっ」と嘆声を上げて羨望の眼差しを一身に受けるのは事実ではありますが、ボディビルディングやフィットネスで最高の体を作る人達に対する社会的イメージや認識はとても低いです。イベントや大会では認められるのにですよ。しかし、米国や先進国では次元が違います。とても多くの意味を付与した待遇を受けています。私でも米国では人気が物凄いんです。アジア最初のチャンピオンとして見てくれ、アジアの顔として活躍する事を期待してくれています。また中国、日本、シンガポールなどアジアの国も韓国とは大きく違います。人気度や認定価値がとても高いという事です。韓国も少しは変わってはきています。

- 現在の活動や行われている事は何ですか?

▲ 現在は、自己紹介の職業欄に『スポーツトレーナー』と書いています。実際に江南(カンナム)チョンダム洞でフィットネスクラブを運営しており、ここで選手を目標とする人達や健康推進と美しい体を求める人達をコーチングしています。またそれとは別に、わたしがスポーツ選手であり健康な身体になるメカニズムを長らく勉強してきた経験を基に、健康補助機能食品である『タンパク質サプリメント』を作り、『クリンピ』という会社を設立し本格的な市場進出を準備しているところです。また、『コメディビッグリーグ』で銅鑼を打つ『銅鑼男』となった事がきっかけで広告モデルとしてCMも撮影し、ドラマと映画でキャラクターのある助演級俳優として複数本に出演し、今も多くの出演依頼を受けています。

- フィットネス選手も選手ですが、 活躍比重芸能人の方移していかなけれならないようです

▲そうですね。現在私は、芸能分野であるエンターテイメント的な考えに没頭しています。私自身が人々に見られる多くのものを意味する肉体となっていて、またこの肉体を作る人として私の全てが『文化商品』であるという事に気づきました。体の商品性と価値を必要としてくれるところが多いため、これをエンターテイメント的に活用し幾つかのトレンドを作っていこうと思っています。今は文化商品を作る計画をしており、芸能関係者達とアイディアを話し合っています。

- とても画期的でとても素晴らしい方向性を見つけたようですね。

▲ ええ、その通りです。私が行う仕事は何であり、現在の『ファン・チョルスン』がどんな価値を持つ人なのか再発見したと言えると思います。私がフィットネス世界チャンピオンであり、フィットネスを通じて私と同じ肉体を作る仕事をしている人達をフィットネス国内外に進出させる事も誠実に行っていくが、彼らを文化コンセプトに組み合わせエンターテイメント分野に進出される事が上手くできれば、どれほどのやり甲斐と意味があるでしょうか?胸がときめかないはずがありません。さらに進んで、韓国から最高の肉体を持つ人達を海外へ進出させ国家イメージを高める韓流文化を進行するのに貢献できるなら、尚更精進しようと思えます。

이승호 기자 イ・スンホ記者 shlee62722@empal.com

<저작권자 © 아시아씨이뉴스 무단전재 및 재배포금지>
default_news_ad4
default_side_ad1

인기기사

set_C1
default_side_ad2

포토

1 2 3
set_P1
default_side_ad3

섹션별 인기기사 및 최근기사

set_hot_S1N7
set_hot_S1N18
set_hot_S1N19
default_setNet2
default_bottom
#top
default_bottom_notch